社外取締役の経営責任

教授というタイトルで企業の社外取締役を務めている"先生"達も、経営責任は他の取締役と同等にきちんと取るべきだ。大手企業で深刻な問題を起こした企業には実にこの手の"理論家"著名教授が少なくない。大学の品質と品格を疑われてしまう。同時に学生達に間違った企業経営倫理観を伝染してしまうリスク大である。

二度繰り返すチョンボは意図的なエラーだ。確信犯となる。見てみないふり、われ関せず、
そこまでは外部取締役は知らされていなかった等の言い逃れは通じない。経営責任は重い。
何故なら、経営学の教授なら、会社法に於いては、『知らない知らされていない』では済まない
ことは百もご承知であろう。