i2 Technologies (2001-2003)

i2 Technologiesの再生に取り組んだ時の事業環境はとても厳しいものがありました。

  • ドットコム・バブルの崩壊
  • Sarbanes-Oxley 法の制定
  • 世界的なソフト神話の崩壊とライセンス売上の急減少

再生のアクションは3つに絞られました。:

  • 事業分野をサプライチェーンだけに集中する
  • 顧客が待望していたサービスを開発し提供する
  • 会社の収支バランスを適正化する

i2 はこの逆境を克服し、事業の利益性を回復し、そして再びサプライチェーンマネジメント分野の 世界リーダーへと復活しました。

UWiNの高速企業再生メソドロジーはサプライチェーンへの十分な配慮がしてあります。 それはサプライチェーンの良し悪しが再生後の企業の競争差異を左右することと、 ROCEの最適化に配慮した結果です。

UWiN − Customer Delight 主義は中根がi2のCOOであった頃明文化したものが基本です。